ブログ記事

超小型でありながらも、H31Gは依然としてNVIDIA GTX1050Tiディスクリートグラフィックスカードを搭載したデスクトップ向けの最新の第9世代Intel® Core i5 9500F / i7 9700F CPU(最大TDP150W)を搭載したプロゲーミングおよび編集用のミニPCです。 また、6/8コア、6/8スレッド、最大9MB / 12MBのキャッシュメモリを提供できます。
さらに表示する
『Tiger Lake 50』は、過去Makuakeで2回とも1,500万円以上の支援を達成したシリーズの第三弾です。4月末頃Makuakeで打ち上げる予定で、税込価格は6万円~8万円です。 TL50はIntel 第11世代プロセッサー(TigerLake)のi5-1135G7が搭載された高性能ミニパソコンです。第一弾のX400と第二弾のUM270に比較しましたら、重量とサイズは中位です。重量は607gであり、サイズは149.6*149.6*55.5mm。片手に収まるコンパクトで机に置いても全然場所を取れず、日常生活で想定されるあらゆるシーンに柔軟に対応します。 1.新たなGPU「Intel Iris Xe Graphics」が採用決定!ゲーム遊びや画像処理でも快適に 2020年9月に発表された第11世代インテルCoreモバイルプロセッサー(開発コード:Tiger Lake)は製造の演算性能・省電力性に優れたインテル社の上位CPUです。前世代からキャッシュメモリの増量やDDR4-3200メモリやPCIe 4.0にも対応により20%ほど処理速度が向上しております。ターボブースト時は最大動作周波数4GHz以上を実現しており、クリエイティブな作業にも快適に動作します。 この中で、Core i5-1135G7(4コア8スレッド、4.2GHz)は、10nm製造プロセスの「10nm SuperFin」を採用したインテル第11世代Coreプロセッサーの1つで、この中ではスタンダードな性能となります。内蔵されたIntel Iris Xe Graphicsは、軽めのゲームなら最高画質でも余裕でプレイ可能、中~重量級のゲームでも画質設定を下げれば快適にプレイできます。 2.柔軟性と汎用性を兼ね揃えたThunderbolt™ 4搭載!多機能Type-Cポート Thunderbolt 4は、2020年7月にIntel社が発表した高速I/Oインタフェース規格の最新版で、USB-Cで利用できる機能を包括的に提供します。既存の規格である「Thunderbolt 3」より、PCI Express規格のデータ伝送速度が16Gbps(毎秒2GB)から32Gbps(毎秒4GB)に引き上げられることになり、4K映像表示×2画または8K映像表示×1画面を対応できます。 3.拡張性あり、ダブル2.5インチドライブが搭載可能! MINISFORUM TL50は512GB NVME SSD(PCLE 3.0)を内蔵することで、1TBまで容量を増やすこともできます。二つの2.5インチHDD/SSD( SATA 3.0 6.0Gb/s)スロットも用意しており、容量を大幅に増えるのが可能です。 付属のVESAマウントを使えば、モニターに外付け可能となり、デスクスペースを有効活用できます。 更に!予約フォームの経由で本製品を購入した方は、ストレッチゴールを達成せずに、全てのMakuake特典を取得できます! #MakuakeにてTL50を購入した後、Makuakeメッセージでメール先をご連絡ください。 #パーツの調達状況により、予告なく変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。 Tiger Lake 50...
さらに表示する
最高なプレゼント用意しているので、ぜひ最後まで見てみてくださいね。 ミニパソコンを専門とするうグローバルメーカーMinisforumが手掛ける新商品「U820/U850」が2021年1月4日により、予約販売開始いたしました。 昨年の皆様にご愛顧いただいたX400 ミニPCにつきまして、「U820」&「U850」ミニPCの登場です! U820/U850予約販売受付中 外観とスペック 灰色、金属の外観、控えめな上品さ、穏やかな感じがあります。 省スペースのデザインで、わずか127*127*53.1㎜の小サイズです。スッキリしたワークスペースを実現します。 スペックは下記の通り。 「U820」 プロセッサー:Intel® Core™ i5-8259U, 4コア/ 8スレッド GPU:Intel® Iris® Plus Graphics 655 (300MHz-1.05GHz) 「U850」 プロセッサー:Intel® Core™ i5-10210U, 4コア/ 8スレッド GPU:Intel® UHD Graphics(300MHz-1.10GHz) メモリ:DDR4 Dual Channel (SODIMM スロット×2) ストレージ:M.2 2280 PCIe SSD(最大2TB) ストレージ拡張:2.5インチ...
さらに表示する
弊社のミニPCに内蔵したPCIe SSDとSATA SSDの違いについて、分からない方が多いかもしれませんが、その違いについて話しみます。● 規格の違いPcle SSDの適用規格はM.2 2280です( 22mm幅 x 80mm長さ)SATA SSDの適用規格はM.2 2242です( 22mm幅 x 42mm長さ)新しく大容量のSSD購入する際、必ずメーカー側に規格を確認してから、購入してください。● 転送速度の違いSATA SSD の転送速度は600MB/sまでです。PCle SSD の転送速度は1500MB/sから4500MB/sを超える高速デバイスもあります。データの保管庫ならSATA SSD、性能を求める場面(OSの置き場など)ならPCle SSDを利用するおすすめです。● 値段の違いブランドにより、価格差は大きいですが、PCle SSDの値段がSATA SSDより1.5-3倍ぐらい高いのは普通です。
さらに表示する
MINISFORUM X35G とは ミニPC専門ブランドとして、Minisforumはエントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、この度、インテル第10世代のCore i3-1005G1を搭載する「X35G」を紹介いたします! まず、NVMe対応のPCIe SSDを標準装備するほか、Optaneメモリ対応であることも特徴の一つ。 「X35G」のスペックに注目していましたが、アルミ製の外観もかなりの質感の高さ。デザインと色合いも含めた質感の高さはダントツです。Core i3-1005G1 / メモリ 16GB / PCIe SSD 搭載機としてはコスパ度も抜群です。 より強力なコアとメモリ X35GはIntelのCPUを使用しており、第8世代Intel Core i3-8130Uおよびi3-8145Uと比較して、第10世代Intel® Core™ i3にはいくつかの重要な改善があります。より高速な動作と消費電力の削減を実現します。 Intel 10nmコアプロセッサターボ周波数3.4GHzと、DDR4-3200MHz 16GB(デュアルチャネル プレインストール)、より高速なシステムメモリ(RAM)とより高い周波数速度のサポートを提供します。 そして、弊社は最初のミニPC内蔵Optaneメモリです。これは、ミニPCが起動、ソフトウェアの読み込み、ファイルの読み込みの速度を上げるのに役立ちます。ゲームをスピードアップし、作業効率を高めることもできます。 スペックは下記の通り CPU:Core™ i3-1005G1(2コア4スレッド・ベース1.2GHz、マックスターボ3.4GHz) GPU:Intel® UHD Graphics RAM:16GB DDR4-3200MHz(オンボード) ストレージ:M.2 2280 NVME SSD (PCIe...
さらに表示する